GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年初観戦

プロ野球が開幕したと言っても、現地観戦ができなければ、盛り上がる気持ちはどこか中途半端なもの。
そう考えると、試合内容はともかくとしても、野球場の雰囲気そのものを感じられるだけでもずいぶん違う。

オリックス4-1西武

投手戦といえば投手戦なのだが、菊池が最後に力尽きた。
打線は、ディクソンの投球を最後まで捕まえ切れず1点止まり。

何だかな…としか言いようがない。
出元不明の情報ではあるが、伊原さんは「開幕してから10試合までは手を加えない」方針らしいので、
もうしばらく待つことにしようと思うだけ。

いろいろ、ネタもあるはずなんだけどなあ。珍しく周りがオリックスファンばっかりだったとか。
試合後のSKYのボカロ風アレンジはアカンとか。
スポンサーサイト

目には目を、歯には歯を。ホームランにはホームランを。プロ初にはプロ初を。

ずいぶんと派手にやってくれたな、これは。

1点先制された直後、3回裏に飛び出したバルディリスの満塁ホームランで
早々と勝負ありかと思ったら、話はそう簡単には終わらなかった。
4回表に「ホームランにはホームランを!」と言わんばかりに、
陽岱鋼と中田翔にホームランが出て1点差。

そのままこう着状態を見せていた試合が動いたのは7回表。
ホフパワーが佐藤達也から同点ホームランを打ってしまった。
一発のある打者に真正面から勝負にいってしまい、それが最悪の結果を招いた印象。
シングルヒット、もしくは四球でも問題の無い場面だったのにも関わらずだ。
何はともあれ、試合はこれで仕切り直しに。

これは、最悪、試合が長くなるかもしれないと覚悟を決めていたところ、
あろうことか、8回から登板した中山と後を受けた小松が
西川のホームランを皮切りに、あっという間に3失点。

ここで簡単に終わらないのがオリックス。
バルディリスが、小谷野のタイムリー2ベースに対抗するかのごとく、
「タイムリー2ベースにはタイムリー2ベースを!」と反撃の1本。
バルディリスは都合5打点。

9回表は松本幸大が登板。
ホフパワーと大引を打ち取るも、そこからが終わらない。
鶴岡にヒットを打たれたのはともかく、
左打者の中島に引っ張られて一二塁間を破られたのは正直頂けない。
掛布さんの言葉を借りて「打たれた松本君を責めるのでなく、打った中島君を誉めるべき」とするべきか。
それでもどうにかこうにか無失点で投げきる。
果たして、松本の持ち球にシュートはあるのだろうか。
無ければ、投げた方がいいような気がする。このままだとサイドスローの意味も無くなりそうだ。

9回裏は増井が登板。
T-岡田が、オリックスブルーウェーブの汎用テーマの歌詞の
「ここでドカンと」の期待に応えるかのごとく、ライトスタンドへホームラン。
これで1点差。
安達の代打に山本和を起用。「安達に代打を出すの?」と思って見ていたが、
山本は、実に綺麗なライト前ヒットを放つ。これが、プロ初安打。

次の打者、伊藤は日高のテーマが鳴り響く中、送りバントを決める。
ブルーウェーブ復刻の日だから、前田大輔もやって欲しかったなあ。
(※土埃に塗(まみ)れ ホーム守りぬく男 マスク取り いざ勝負 痛打浴びせたれ)

最後は、増井が坂口と宮崎を抑えて試合終了。
鍵谷がプロ初勝利。

個人的に、グリーンスタジアム神戸は、後藤光尊のテーマが2番まで聞けるのがいい。

コリアンデー@太極旗は翻るか

いつものことですが、書き出しの一文というものに非常に苦労しています。

今季から朴賛浩と李承が加入したオリックスが、4月22日から24日の西武3連戦でコリアンデーを開催。
観客動員があまり期待できない西武戦でイベントを開催して、採算は取れるのだろうかなどと余計な心配をしてみたり。

実は計画通りだったと言わんばかりに、オリックスの先発はコリアン・エクスプレスこと朴賛浩。
2006年のWBCでは、150kmを超えるストレートを中心の投球で日本代表を抑え込んでいる。
この日も、かつてのスピードとまでは行かなくとも、ストレートは140kmを超えていた。
個人的なWBCの苦い記憶もあって、西武打線は苦労するだろうと思っていたら、案の定である。
朴賛浩の前にチャンスらしいチャンスをまるで作れず、後の投手にも簡単に抑えられてしまい、
8回2失点と好投した牧田を見殺しにしてしまった。
オリックス2-0西武

気になったのは、2回表の攻撃。
1アウト2・3塁から秋山のセカンドゴロでブラウンが本塁へ突入、
捕手の鈴木に真正面から体当たりしたこと。
落球を狙ったのだろうが、それより鈴木を避けて回り込むことを考えた方が良いのでは。
しばらく中断の後、鈴木はプレーに復帰したが、この回の守りを終えると同時に交代となった。
ベンチに戻る時、脚を引きずっていたのが気になったが、大事には至らなかったようで一安心。

この点、いわゆる守備妨害に関する規程は曖昧らしい。
守備妨害・走塁妨害

ただ、これで試合に余計な火種を抱え込ませることになってしまった。
直後のオリックスの攻撃で、北川と鈴木の代打・伊藤に死球を当ててしまい、警告試合扱いに。
どうしてもブラウンの一件が無ければ、と思う。

ブラウンは、3回の守備でも不安な動きを見せて、後藤の打球を2塁打にしてしまった。
結局、一人でこの試合を引っ掻き回してしまったようなもの。

なお、試合後のマウンドに太極旗が立てられることは無かった。

それより驚いたのが、入場者が1万人を超えていたこと。
平日のナイターでガラガラのレフトスタンドの様子からは、想像できない数字だった。

オリックス0-4西武
中山慎也と石井一久の両左腕投手の投げ合いで始まったこの試合は、
途中から完全に膠着状態に。
しかし、最後は中山慎也が力尽きる形になった。
終わってみれば、「投げるべき投手が投げ、打つべき野手が打った」典型的な試合だった。

オリックス5-3西武
とにかく6回裏の攻撃に尽きる。
ノーアウト1・2塁、北川の送りバントは普通ならワンアウト2・3塁で終わるはずが、
捕手の上本がホームベースを空けてしまい、2塁走者の後藤光尊が、一気にホームイン。

コリアンデー3連戦の主役でもある李承にタイムリーヒットが出たのはその直後だった。
大きな華とまではいかないものの、小さな華ぐらいは咲かせられただろうか。

※参考:李承の応援歌
イースンヨ イースンヨ コウ コウ コウ パイティ
イギョラ イギョラ イースンヨ イギョラ イギョラ イースンヨ
心の火を燃えたぎらせ 会心の一撃打て 大きな華咲かせるべく
チャカラ カンセエ チョラ スンヨー
イースンヨ イースンヨ チョ ワ ラ スンヨー


正直なところ、さすがに相手が平野では……と思うところもあったり。
ただ、相手が誰であれ、結果が出たことは事実。
この三連戦を通じて出たヒットが、初日の(どうでもいいような)ヒット一本だけでは、
イベント的にも示しがつかないだろうし。

余談だが、後藤がホームへ駆け込んでいなければ2点タイムリーになっていたのだろうか?
もしそうなっていたら、ヒーローインタビューがあり得たかもしれない。
そう思うと、少し勿体ないような気もするが、それはまた別次元の話だろう。

8回からオリックスは捕手に鈴木が登場。
初日の一件があっただけに何事も無くて本当に良かったと思う。

ライオンズとしては、どうにもこうにも引き立て役になってしまった三連戦。
3日間とも限定メニューが堪能できたし、まあ良いかな。(苦笑)

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。