GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宛のない手紙

悲しみを背負い渡り飛ぶ 涙に濡れた小さな鳥よ
振り返らずに さらば君よ


(宛のない手紙 作詞:チョン・ホスン 作曲:ペク・チャンウ)より
スポンサーサイト

No,never

破れた夢でさえ 愛しく眺めるわ
冴えない毎日を 空が包むように

辿りつく場所を やっと手に入れたから 
後ろ向きの背中は もう追わない


(No,never 作詞・作曲:Fayray)より

Musical Baton

60sMINDのスローさんからバトンを受けたので、早速書いてみました。

「コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量」
ゼロ。パソコンには音楽ファイルを入れていないので。

「今聞いている曲」
これを書いている今は何も聞いていない。
…では面白くないので、小室みつ子の「Rain of you」としておきます。

公式サイトでは、アコースティックバージョンが視聴できたのですが
いつの間にか出来なくなっていました。(かなり痛い・・・。)
この曲を聞くためだけに、サイトを開くこともザラでした。

「最後に買ったCD」
「コンプリート・オブ・PAMELAH at the BEING studio」
未発表曲だった「曖昧」が収録されていたので、その1曲のために買いました。

「よく聞く、または特別な思い入れのある5曲」
TM Network:「Get wild」
アニメ・シティーハンターのエンディングテーマで、
人生で初めて聞いた曲と言っても過言ではないです。
当時は、歌詞の一部「It's your pain or my pain or somebody's pain」が
なんて歌っているのか分からなかったし、
この曲をTMが歌っていることさえ理解していませんでした。
後に、TMの存在とこの曲がTMの曲だと知ったとき、すぐにTUTAYAに走りました。

tohko:「ふわふわふるる」
「繊細で柔らかい歌声」この一言に尽きるかな。
プレーヤーのサラウンド機能を効かせて聞くと、さらに良いです。

D-LOOP:「GLORY DAYS」
MINAMIの力強い高音がたまらない一曲。
片思いの好きだった人には恋人がいた、
あるいは、恋人が他の女性を選んでしまった、という切ない失恋の曲です。

また、サイトのタイトルは、この曲に由来します。
失恋の曲が何故タイトルに? と思う人もいるかもしれませんが
GLORY DAYSは「栄光の日々」という意味です。
この曲の場合、「好きな人を思い続けた日々は、とても素晴らしかった」
だから「GLORY DAYS」なんでしょう。

「好きなものだけ選んでゆくの 生き方変えないでね」というフレーズもツボ。
(その後、「選ばれなかったけど いまもそんな君が好き」と続くのですが。(笑))

FAYRAY:「名前」
アルバム「HOURGLASS」に収録されている曲。
ピアノだけの弾き語りで、
昔の恋人に、別の人と結婚する事を伝える女性の気持ちを歌っています。
失恋とは少し違う、前向きな別れと言えばいいでしょうか。

PAMELAH:「COROMOTION」
アルバム「ism」から。
捨て犬を拾った女の子の曲で、恋愛の要素は一切無しという珍しい曲です。
こういう曲は、水原由貴にしか書けないのではないでしょうか?

悩みに悩んで5曲を挙げてみましたが、上手くまとまっているかどうか…。(苦笑)

「次にバトンを渡す5人」
これが一番難しい…。5人もブログを持っている人を知らないし。

夜間飛行:ゆん太氏
kyowaka's blog:kyowaka氏
お気楽日記:ジュキア氏

以上3名にバトンパスをします。人数不足なので、番外編としてもう一曲。

金光石(キム グァンソク):「宛のない手紙」

2001年に公開された韓国の映画「JSA~共同警備区域~」の主題歌で、
クライマックスの銃撃戦のシーンで流れます。

事件の発端となった現場から逃げ出して、橋の上に仰向けに倒れこんでしまうスヒョク。
この時の「ああ、これで全てが終わるんだな。」という想いと、
「なんで、こんなことになったんだろう」という後悔が入り混じったような表情。
そこで、この曲はサビに入ります。
「君の涙はやがて川になるだろう 君の愛はやがて歌になるだろう…振り返らずに さらば君よ」
事件の哀しい真実と、切ない歌詞が見事なまでに一致している。そう感じました。

蛇足ですが、この曲の紹介は韓流ブームとは一切関係ありません。念のため。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。