GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強盗殺人の元ロッテ投手に無期懲役

カテゴリでニュースと刑事事件を分ける必要があるのか、と疑問を感じつつ。

強盗殺人の元ロッテ投手に無期懲役

この事件については強盗殺人犯は元プロ野球選手だった、という程度の認識なので
ことさら騒ぐつもりはないが、それでも何とも言えない物悲しさを感じる。
スポンサーサイト

阪神優勝

阪神5-1巨人

本当に甲子園で胴上げを達成。何この出来すぎた展開。

金本は年俸が払えないからあきらめるとして、せめてアンディだけでも返してもらえませんか?
ファーストで使うのはどう考えても贅沢です。

コーチ就任の要請を断り阪神に移籍した町田も、おめでとう。
何で見返りとして沖原とか吉野を貰わなかったのか。

Black or White?

8月23日に登録抹消されて以来久々の一軍登録。(9月25日)

プレーオフに備えて力を温存していたかのようなタイミングで一軍昇格。
実は引退試合のため?

広島4ー6阪神

広島4-6阪神

形はどうあれ、藤川から勝ち越し点を奪い勝てると思ったけれど、最後の最後でベイルが…。

今日の試合はことさらヘコむなぁ・・・。

広島6-8阪神

広島6-8阪神

レイボーンを3回で交代させたことを初めとする投手リレーや代打起用など
ここまで山本監督の采配が的中した(ただし、継投は安仁屋コーチの管轄)試合も珍しいと思ったけど、9回に佐々岡が桧山に打たれ、裏の攻撃を久保田に抑えられて万事休す。
8回に追いついた時は勝てると思ったけど、そんなに甘くないか・・・。

<今日のハイライト>
今日は(というか、今日も)サンテレビで中継があったので見ていたが、
4回に浅井のショートゴロで栗原がホームに突っ込んでアウトになり、
ベンチに戻ると野村が栗原にアドバイス(or説教?)していた。
野村の姿はさながら監督か走塁コーチのようだった。

米国の人気ファイル交換サイトの閉鎖相次ぐ

[ロサンゼルス/サンフランシスコ 21日 ロイター]
違法ファイル交換サイトに対する法的取締りが強化される中、
人気ファイル交換サイト「WinMX.com」が運営を停止し、
もう1つの有名サイト「eDonkey.com」もニューヨーク事務所を閉鎖した。
業界筋とユーザーらが21日に明らかにした。
今回のファイル交換ネットワークの騒動は、米最高裁が今年6月に下した画期的な判決が背景にある。この判決は、「著作権を侵害する道具を配布する者は、その道具のユーザーによる著作権侵害行為にも責任があると見なす」というもの。

また、同判決に続き、米レコード産業協会(RIAA)は先週、
ファイル交換サイトを運営する7団体に対し、サイトの運営停止を求める文書を送付していた。
RIAAの広報担当者は送付先を明らかにしていないが、
「BearShare」「eDonkey」「WinMX.com」などの人気サイトが対象とみられる。

P2Pファイル交換ソフトのほとんどは分散的な性質を持っているため、
ソフトがいったんインターネット上に流出すると歯止めをかけることが困難。
しかし、ユーザーが最初にソフトをダウンロードできるサイトが閉鎖されることで、
新たなユーザーの流入は抑えられる可能性がある。
(ロイター) - 9月22日19時48分更新

日本では、ファイル交換ソフトの開発者が著作権法違反幇助の罪で逮捕・起訴されている。
(現在も京都地裁で公判中。未だに一審判決も出ていない。)

この件に関して過去にゼミの課題で扱ったことがあるが、当時我々が出した結論は
「著作権侵害はwinny利用者の問題であり、開発者を幇助罪に問う必要はない。」だったが、
その結論も再考の余地が出てきたようだ。

米最高裁が今年6月に下した判決、「著作権を侵害する道具を配布する者は、その道具のユーザーによる著作権侵害行為にも責任があると見なす」というもの。

つまりアメリカでは、全く逆の結論が出ているのだ。
さて、日本では開発者に対してどんな判決が出るのだろうか?

佐々岡今季初勝利

広島10-8中日

先発で起用されていた頃はどうなることかと思っていたが、佐々岡が今季初勝利。
それにしても、落ち着かない試合だ…。ベイルの失点はデフォルトなんでしょうけど。

野村謙二郎引退

引退会見

いつかは来ると分かっていましたが、こんなに早く決まってしまうとは思っていませんでした。

・・・ああ、もう何を書けば良いのか分かんない。

正田といい、大野といい、高といい、そして今回の野村といい、
傍から見ると「まだやれるだろう」と思える選手が引退してしまうのは、寂しい限り。

男の人生なんて思ったことの十分の一も上手く行かない(by近藤唯之)

前期試験の成績が出た。

コリア語:2単位
60点。もはや温情以外の何物でもない。

民法IB:2単位
35点。ただし落としたのは「想定の範囲内」。

英語ⅡA:1単位
80点。講師にコケにされていたので、少しは見返せたかな。

教育原論A:2単位
68点。ほぼ予想通りの成績。

憲法I(人権):4単位
60点。やっぱり温情だろうか。

スポーツと環境:2単位
60点。紙一重の認定には苦笑するしかない。

刑法各論:2単位
49点で不認定。何故?

教師論:教職科目
63点。出席点でカバーした形になり、結果オーライ。

特別活動論:教職科目
75点。上出来。

犯罪学:2単位
84点。持ち込み可だったし、当然と言えば当然か。

英語ⅡD
80点。点数にこだわるつもりは無かったが、素直に嬉しい。

刑法総論:2単位
34点。最大の誤算。何が拙かったんだろう…。

ドイツ語:2単位
64点。落とすことは無いと予想していたが、成績は苦笑もの。

合計16単位+2科目を認定。
ただ、刑法が2科目とも落とされたのは予想外で、悔しいの一言に尽きる。

肩はメジャー級

引き続きライオンズのメンバーを作成。今日は捕手が2人。

伊東 ミート4 パワー92 走9 肩12 守14 エラー12
キャッチャー◎ ブロック○ バント○ ケガしにくい4

ほぼ理想どおりかな。全盛期ではなく伊原西武を基準にしたので走力はやや低め。
チャンス4がついていれば100点満点の出来だった。

交通事故やエリの誕生日プレゼントで計画を狂わされて3回ぐらい作り直した。

中嶋 ミート3 パワー80 走8 肩15 守10 エラー8
特殊能力なし

肩ならメジャー級という評価があったので、肩は15にしてみた。
ついでにパワフル大学の継承選手にも指定。

アキレス腱を断裂するわ、試合で結果が残せずスカウトの評価が伸びないわ
速球練習の継承キャラが消滅するイベントが起きるわ、波乱万丈の作成になった。
最後の大会でルーキーのお守りを使用して全国制覇したことで
どうにかドラフト6位でプロ入り。

次はそろそろ木大成の作成に取り組みたい。或いは高木浩之にするべきか。

JAM

広島2-21阪神
広島0-10阪神

あの首位のチームの監督も 最下位のチームの監督も
みんな昔 スーパースターだってね

中日が巨人に3連敗しました
ニュースキャスターは嬉しそうに
「阪神と中日のゲーム差は6に広がりました 広がりました 広がりました」

ボクは何を思えば良いんだろう ボクは何て言えば良いんだろう
こんな夜はスポーツニュースは見たくなくて 何も見たくなくて また明日を待ってる

ネタ元:THE YELLOW MONKEY 「JAM」

メロディなんて無視。とにかく意味が通じればそれでいい。(ヤケ)

天才型が出たにもかかわらず…

帝王大学で松井稼頭央の作成に挑戦してみた。

結果は、ミート6 パワー130 走15 肩14 守11 エラー11
チャンス4 盗塁4 走塁4 PH AH 4番○

後から考えれば、初期能力が天才型の選手だったにもかかわらず伸び悩んだ感じ。
真帝王を狙って必要以上に友沢を追いかけてしまい、ポイント不足になったのが原因だと推測。

そして致命的なミスは、エリと付き合っているにもかかわらず
志望球団でパワフルズを選択しなかったこと。
これで、ミート1段階分の技術ポイントを消費するハメになり、守備力を12に上げられなかった。

特殊能力に関しては、イベント任せのところもあるので贅沢は言えない。
ただ、やっぱり不満は残る。守備力11ってのは見栄えが悪いし。

出戻りを繰り返した男

まず初めに、若林隆信という選手について書く。
そのほうが、男にとって出戻りがいかに重要なのか分かってもらえると思うからだ。

若林は高校時代は投手だったが、高校通算46本塁打の打撃を買われて
91年ドラフト3位で内野手として入団した。

しかし、野手としては芽が出ず94年に投手に転向した。
高校時代投手だった若林にとっては1度目の出戻りと言っていい。

95年オフに若林は、広島東洋カープへ音重鎮外野手・山田和利内野手との交換トレード
(ただし、若林には金銭もついた)で移籍した。

移籍1年目は5試合に登板して防御率7.04とパッとしなかったが、
シーズン途中でサイドスローに転向したことで、投手としてのコツみたいなものをつかんだようだ。
97年は、中継ぎとして30試合に登板し防御率2.92という安定した成績を残した。
「これで俺も投手としてやっていける。」若林はこう思ったに違いない。

だが、男の人生なんて思ったことの十分の一も上手く行かない。
98年のシーズン初登板となった4月8日の巨人戦(東京ドーム)で
マリアーノ・ダンカン遊撃手に満塁本塁打を打たれてしまい、即座に2軍落ちとなってしまった。

この後、若林は肘を痛めたこともあり、投手を断念して野手に再転向した。
若林にとって2度目の出戻りである。

99年は18試合に出場してプロ初安打、初打点を記録するなど.316、1打点の成績を残したが、
2000年は出番に恵まれず、広島を戦力外になった。
この後、若林は社会人野球のミキハウスに投手として所属した。
若林にとって、実に3度目の出戻りである。

そして2005年現在、若林は社会人野球「宮崎ゴールデンゴールズ」に投手として所属している。
野手と投手の出戻りを繰り返した男が最後に選んだのは、やはり投手だった。

若林の話が長くなった。本題に入ろう。

2000年に東尾修監督率いる西武ライオンズは2年連続で優勝を逃した。
(この年パリーグを制覇したのは福岡ダイエーホークス(当時、現ソフトバンクホークス))

詳しいことは省くが、優勝を逃した原因は長打力不足にあると判断したフロントは、
長距離打者の獲得に全力を挙げた。そこで、フロントの目に付いたのが
アレックス・カブレラ一塁手とスコット・マクレーン三塁手である。

2001年に二人はとにかく打ちまくった。カブレラは49本塁打を記録し、
マクレーンも39本塁打を放ち、二人はファンやマスコミから「ツインバズーカ」と呼ばれた。

だが、それでも西武は勝てない。最後は大阪近鉄バファローズとの直接対決で敗れ、
そのまま2度と浮上することは無く、シーズン終了後、東尾は監督を辞任した。

02年のシーズンが始まり、マクレーンは開幕戦に6番サードで出場した。
だが、男の人生なんて思ったことの十分の一も上手く行かない。
開幕10試合を経過した時点で左手首を負傷して戦線離脱してしまった。

慌てたフロントは、阪神タイガースで燻っていたトム・エバンス内野手を
橋本武弘投手との交換トレードで獲得してきた。
このエバンスが阪神時代とは信じられない変わりようで、打つわ打つわの大活躍、
最終的に78試合で.252 15本塁打 45打点の成績を残し
マクレーンの穴を充分すぎるほど補ってしまった。

終わってみれば、西武は90勝してぶっちぎりでリーグ優勝を果たした。
だが日本シリーズでは、なんと巨人に4連敗してしまい、日本一の栄光はまたも逃してしまった。

確かなことは言えないが、マクレーンはこの時点でクビを覚悟したのではないか。
何しろ、19試合で.238 2本塁 5打点の成績しか残せておらず、
代わりに来たエバンスが充分すぎるほどの成績を残したからだ。

だが、フロントはマクレーンではなくエバンスをクビにした。
長打力という点ではマクレーンの方が上だったからである。

「俺は何が何でも西武の戦力になってみせる」
マクレーンは、一念発起して03年のシーズンに挑んだ。
131試合に出場して打率は.225と低かったものの、26本塁打 69打点の成績を残した。
しかし、フロントはマクレーンをクビにした。
「いくら大きいのが打てるといったって、3年間の通算打率は.237だよ。これでは使えないよ。」
これが大まかな理由である。

仕方が無い。マクレーンは西武を退団し、米大リーグ、シカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ。

ところが、男の人生なんて3年先どころか3ヶ月先が分からない。
04年のシーズン開幕直後に、アレックス・カブレラ一塁手がオープン戦で骨折したことに伴い、
急遽西武に呼び戻されたのである。
アメリカのマイナー契約より、1軍で出場できる西武を選ぶのは当然だろう。
この西武復帰は、マクレーンにとって1度目の出戻りと言っていい。
「今度こそ、俺は西武の戦力になってみせる」マクレーンはこう思ったはずだ。

だが、男の人生なんて思ったことの十分の一も上手く行かない。
わずか35試合に出場しただけで、打率1割8分4厘、4本塁打、10打点の成績しか残せず
9月に自由契約を通告されて帰国し、再度シカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ。
マクレーンにとって2度目の出戻りと言っていいだろう。

マクレーンは05年8月末にメジャー昇格を果たし、実に7年ぶりにメジャーの舞台に立っている。
先の若林といいマクレーンといい、出戻りを繰り返し変転に変転を重ねるのが男の人生なのか。

最後に一言。NHKのBS中継では、選手紹介の時に表示する字幕を
西武時代のマクレーンではなく、マクレインと表示している。
【“出戻りを繰り返した男”の続きを読む】

左投手を出して来い

パワプロで計画していた東尾西武のメンバーの再現を目指して、
レジー・ジェファーソン一塁手を作成した。

ミート3 パワー115 走6 肩5 守3 エラー5
代打男 広角打法 三振男

最大の失敗点は左投手2が付けられなかったこと。
作成中、対戦相手に左投手が一度も出てこなかったのが誤算だった。
DH専門での起用を予定しているので、守備力は無視。

選手名鑑で「柔らかい打撃には定評がある」とあったので
広角打法を付けてみたが、ご祝儀的なものに過ぎない。

レジー・ジェファーソン 2000年度成績
89試合 .260 10本塁打 48打点

東尾監督との確執により、シーズン途中で退団してしまったのが残念でならない。

意味不明

井川『球種』バレバレフォーム改造…セットの右手首にクセ

阪神ファンではないので、井川が打たれようが知ったこっちゃないのだが
気になった記述があったので、その点にだけ触れておく。

>★三塁コーチがサイン送る
>中日の“クセ分析”には定評があり、阪神も開幕早々から警戒していた。
>「左打者の視線がサードコーチャーに向く時が要注意」と関係者の弁。
>三塁の高代コーチもクセで球種を判断し、サインを送っているという
>(この行為はパでは禁止されているがセでは規定はなし)。

こんなの規制する必要ないじゃん。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。