GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戯言

罵詈雑言をここに書き連ねることは簡単だ。
しかし、書き連ねたところで問題は解決しない。

確実に言えるのは、あと少しで全てが終わるということだ。
この状況において何処に神経を使うべきなのか、少し考えれば分かるはず。
スポンサーサイト

どうにもこうにも…

「リズムが悪いなぁ…。」とだけ吐き捨てたくなる一日。
何と言うか、もはや救いようの無いぐらいのグダグダぶりで。

朝は寝過ごして午前中の講義に出ないわ、午後の講義も集中力を欠くわで、もう最悪。

所詮綺麗事に過ぎない

別に何か問題提起をしようとする意図はありません。
自分の中で割り切れない、釈然としない思いが出てきたので書いただけです。

教職課程の「事前指導」に参加していて、ふと思ったこと。
今回の使用教材は「差別問題」。(対象は中学校・社会)
出てくる事例と言えば、はっきり言ってお決まりのものだ。

・部落差別
・アイヌ民族への差別
・在日韓国・朝鮮人への差別

まぁ、ほとんどの教科書に書かれていることは、この一言に尽きる。
「差別は良くない、間違っている、やめよう」(大意)

別に、こういうことを書くことは問題ないと思っている。
教科書なんて「教科書どおりの答え方」という言葉があるように
内容は「模範解答」として成立すればそれで良いのだから。

ここでの問題は現実はどうなのか、という話である。
「在日韓国・朝鮮人に対する差別」の範囲を扱う際に
必ず出てくるのが、公務員の受験資格問題。

要するに、(国を問わず)外国人は公務員になることを
「制限」されているというものだ。

しかし、だ。
「差別は良くない、間違って…」という主張は間違っているとは思わない。
だが、「在日外国人が公務員になることは制限されているので、不平等」
というのは、果たして(教科書に求められている)「正論」なのだろうか?

というのは、たとえそれが正論だったとしたうえで、
公務員に外国人が登用されたところで、
それに理解を示せるような国民がどれだけいるのか、
(役所の窓口の対応に出てきたのが、外国人だったら驚かないですか?)
或いは、そもそも本当に教科書で紹介するような事例なのか、
そのあたりが自分には理解できないからである。

現在、国権に関わる分野の公務員には外国人は応募できない。
(警察官はその典型例。)
じゃあ、その分野に外国人を登用すればそれは「平等」なのだろうか?
答えは、おそらくNOだろう。
国権に関わる分野で外国人の登用を認めろという考え自体が、土台暴論なのだ。
(詳細は省く。言及していくとキリがない。)

しかし、だ。
話を「韓国・朝鮮人問題」に戻す。
(強制連行説や密航説などあるが、方法・理由の如何を問わず)
日本に渡ってきた韓国・朝鮮人の方々は
現在、最低でも3世ないしは4世まで代が進んでいる。
(或いはそれ以上というケースも)
そういう人たちは、国籍こそ違えど、日本人と寸分変わらない生活である。

だから、そういう人たちに公務員の道を閉ざすと言うのは
いかがなものか、という思いも無い訳ではない。

この場合、極論ではあるが、いわば「国籍」だけが問題になり
本人の能力は決して問題にならない。
そもそも「資格がない」からである。

要するに、この問題に関しては行政職レベルではともかく、
国権レベルでは、ある種の合理的な理由があるにも関わらず
「差別だから間違っている」→「全面的に認めろ」とする教科書の記述には虫唾が走るし、
(本気でこんなことを文科省の役人たちが考えているはずがないが。)
また、どのみち解決されることはないであろう問題を扱うことの馬鹿馬鹿しさや、
やりきれなさなどが頭の中を駆け巡ったのである。
(蛇足になるが、私が何かの間違いで教師になったとして
 授業でこの範囲を扱えば、2日でクビを飛ばされるだろう。
 「所詮は綺麗事」と言い切ってしまうからである。)

「差別は間違っている」と教育しなければならない、としておきながら
一方では、その問題解決の見込みなど全く無いのが現実なのだ。

最後に一言。
人間にとって「国籍」とは、一体何の意味を持つのだろうか?

独り言

「まぁね。越権行為というか、そこまでする必要はないって言われたら、
 そういうものかもしれないよ。だけど個人的には、ちょっと手を打ちたいなって。
 そう思ったんだよ。だってね、ちょっと考えてみてよ。必死で取り組んだのに、
 それを評価されなくて気分の良いヤツなんているか? いないでしょ?
 つまんないじゃない、そんなの。せっかく、「よーし、頑張った」って気分になっているのに
 そこで冷や水ぶっ掛けられるような真似されたら、誰だって気分悪いと思うよ。
 だから、俺は一手動いたんだよ。ただそれだけだよ。」

C級さらりーまん講座に学ぶ

「二階堂君…その個人的な好き嫌いが顔に出るクセ、どーにかならんかね…!?」

別に何があったという訳ではないんですが、これは本当に気をつけたいと思います。

目覚めの音

吹き荒れる風の音で目が覚めた朝。
木枯らし1号が吹いたそうです。

11月になりました

11月になりましたが、今でも某K電鉄はエアコンが作動していると言ったら
信じる人はどれくらいいるのでしょうか。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。