GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村和久の「オレは溶かさん!」

今年の冬は、エルニーニョ現象の影響だとかで、例年にない暖冬だそうです。
オレの出生地は秋田県の山奥ですから、暖冬ということは雪が少ないので、
これはいいなぁと思っていたんですが、
その一方で、あまりの雪の少なさにスキーのイベントを中止したところもあるとか。
いやはや、世の中というのは上手くいかないものです。
(そういえば、秋田県横手市のかまくら祭りは大丈夫なんでしょうか。
 ちょっと心配になってきましたよ。観光産業というのは、このあたりが大変ですねぇ。)

さて、先日のことですが、オレと24年の付き合いになる魚谷さんが、
中国に留学していた友人(小林さんという方です)を関西空港に
迎えに行くというので、オレもご一緒させてもらいました。

離れていた友人が再会する光景というのは良いものですね。
その場に立ち会ったオレまで嬉しくなってしまう。
まず、小林さんが無事に帰国したこと、これは一も二もなく嬉しい。
それから、オレが嬉しかったのは、魚谷さんの笑顔が見れたこと。

これはどういうことかというと、昨年の魚谷さんは、何があったのか
苦虫を噛み潰したような渋い顔をしていることが多かった。
だからこの人、オレに会う度に「どうもリズムに乗れなくてね…。」とこぼしてばかりだった。
(魚谷さんは、時々こういう抽象的な言い方をします。)
話を聞いてみると「それは、アンタが悪いぜ。」と言いたくなることもありましたけど、
それを差し引いても、魚谷さんはひどかった。
これはオレの憶測ですが、やっぱり何かあったんでしょうねぇ。
4月の時点で、もう糸が切れたような目をしていたもの。

そんな状態だった魚谷さんが、この日は安心しきったような笑顔を
浮かべていたんですから、ああ、嬉しくて仕方ないんだなぁ、と。
その後、小林さんのお母様が迎えに来られるまで20分ぐらい時間があったけれど
その間に二人が談笑している光景は、微笑ましいものでしたよ。

これが何を意味しているかというとね、言い方は悪いけれど、
小林さんが魚谷さんの扱い方をよく理解しているということです。

象徴的なのは、魚谷さんがある日オレに言った一言です。
「いやぁ、彼女の言うことは理に適っている。凄いよ、あの娘は。」
この一言が全てだと思うんですよ。
頑固だと言われる魚谷さんを黙らせてしまうんだから。
(余談ですけど、魚谷さん相手に「偉そうな口」を聞いて逆鱗に触れた人をオレは知っています。
 下手に突っ込むと、今度はオレが逆鱗に触れることになるので黙っておきますが。)

ついつい魚谷さんの話が長くなってしまいましたが、これは要するに
魚谷さんが小林さんを信頼している証拠だと思うんですよ。
こう言うと誤解を招くかもしれませんが、魚谷さんがここまで他人を信頼するのは珍しい。

ついでだから言っちゃうけどね、魚谷さん、あなた今年は無様なことできませんよ。
話を聞いていると、昨年1年ずいぶん小林さんに心配かけたらしいじゃないの。
今年も同じような体たらくだと、小林さんに呆れられるよ。
どういう状況でもあなたを見捨てなかった小林さんに感謝せんと。

さて、ずいぶんと偉そうなことを書いてしまいましたが、
オレもあまり人のことは言えませんので、この辺にしておきましょう。

末筆になってしまいましたが、小林さん、1年間の留学お疲れ様でした。
そして、今後とも魚谷さんのことを気が向いたらで良いので、面倒見てやってください。
頑固といわれるあの人も、どうやら貴女の話は聞くようですから。
スポンサーサイト

第10章:商事代理・民法504条

1 民法は、代理人が本人のためにすることを示してなした意思表示のみが
本人に帰属するとし(民99条1項、100条本文)、ただ例外的に顕名せずとも
相手方が本人のためにすることを知り、または知ることができた場合には
代理の成立を認める。(民100条但書)この代理形式を顕名主義という。
これに対して、商法は、本人のための商行為の代理については、代理人が
本人のためにすることを示さなくても、その行為は本人に対して効力を生ずるものとしている。
(商504条本文)このような代理形式を非顕名主義という。

商法が非顕名主義を採用したのは、
第1に企業取引としての商行為の迅速性からの要請である。
すなわち、迅速性を尊ぶ企業取引では、代理形式も簡略化させて、
迅速な取引の結了に奉仕させようとしたのである。
第2に企業取引としての商行為の継続性からの要請である。
すなわち、商行為の代理人は、通常営業主である本人との間に一定の地位を有し、
その地位に基づいて継続的に本人の名を示すことは煩雑であり、
また、このような場合には、相手方もその行為者が本人のために取引をなしていることを
知っているのが通常だからである。

ところで、商法504条につき、通説・判例はその代理形式は
非顕名主義である旨を主張するが、これに対し、商法504条本文は非顕名主義を
採用したものではなく、民法100条の立証責任を転換したにすぎないとする見解がある。
しかし、後者によると、相手方が代理行為であることを全く知らないような場合には
民法100条によって当然に代理人自身の行為として認められるのであるから
商法において、ことさらに相手方が代理の不成立を立証しなければ
代理人に対して請求できないと規定する必要性はなく、
また、商法504条但書の文理からいっても妥当ではないと解する。
【“第10章:商事代理・民法504条”の続きを読む】

第10章:商事留置権

1 商法上の留置権を商事留置権といい、これはさらに商人間の取引において広く認められる。
商人間の留置権(商521条)と業種ごとに認められる代理商(商51条)、
問屋(商557条)の留置権、運送取扱人(商562条)、陸上運送人(商589条)、
海上運送人(商753条2項、国際海運20条1項)の留置権とに大別される。
商事留置権は基本的に民事留置権(民295条)と異なるところはなく、ともに公平性を旨とする。
しかし、沿革上の違い、および取引の性質の違いから、商事留置権は、
成立要件や効果などにつき、民事留置権のそれを緩和、変更する特徴が見られる。

2(1) 商人間において、その双方のために商行為たる行為によって
生じた債権が弁済期にあるときは、債権者は弁済を受けるまで、
その債務者との間における商行為によって自己の占有に帰した債務者所有の物
または有価証券を留置することができる。これを商人間の留置権という。

(2) 商人間の留置権が成立するためには、被担保物件につき、
①当事者双方が商人であること、②双方的商行為によって生じたこと、
③弁済期が到来していること、が必要であり、また目的物について、
④債務者所有の物または有価証券であること、⑤債務者との間の商行為を原因として
債権者が占有するに至ったものであること、が必要である。
このうち、②の被担保債権に関する要件は、被担保債権の発生と留置権の占有取得が
双方的商行為によって生じたという一般的関係があれば足りるという意味であり、
被担保物件と目的物とに個別的関係を要求する民事留置権と最も異なるところである。
これは民事留置権と異なり、商人間の継続的信用取引の枠の拡大と安全の維持確保、
および担保権の個別的設定に伴う煩雑さと不便さの除去に目的があるためである。
次に、目的物に関する④の要件は、民事留置権のそれと異なるが、
しかし、厳格に解する必要性は乏しく、例えば、占有取得時に債務者の所有にあれば
第三者に譲渡しても留置権は成立すると解される。
なお、留置権が成立するためには、その適用排除特約が存しないことが
必要であることには差異がないと解すべきである。(商521条但書)
【“第10章:商事留置権”の続きを読む】

第10章:商人間の留置権と民法上の留置権

1(商人間の留置権と民法上の留置権との特質上の差異)
 商人間の留置権と民法上の留置権との間には、その意義、性質、効力、消滅などにつき
基本的な差異は存在しない。
しかし、その成立要件については商法が民法上の留置権のそれを緩和・変更する。
そこに重大な差異が見られる。すなわち、民法上の留置権が被担保債権と目的物との間の
個別的牽連性を必要とする(民295条1項)のに対し、商人間の留置権は
債権一般と債務者所有の物一般との間に、一般的牽連性があれば足りるとする。(商521条)。
これは、前者の目的が非商人間の、あるいは商人と非商人との個別的な信用取引の
安全(公平)の維持・確保にあるのに対し、
後者の目的は、被担保債権と目的物との個別的牽連性という要件をはずし、
広く商人間の継続的信用取引の枠の拡大とその安全(公平)の維持確保、
併せて債務者の所有物に担保権を個別的に設定することに伴う煩雑さと
不便さの除去という差異に起因する。以下、具体的に検討する。

2(商人間の留置権と民法上の留置権との成立要件上の差異)
(1) まず被担保債権に関し、商人間の留置権が成立するためには、
①当事者双方が商人であること、②双方的商行為によって生じたこと、
③弁済期が到来していること、が必要とされる。このうち②をより具体的にいうと、
被担保債権の発生と目的物の占有取得が双方的商行為によって生じたという
一般的関係があればあれば足りるということであり、前述したようにこれが被担保債権と
目的物との個別的牽連性を必要とする民法上の留置権と異なるところである。
したがって、商人間の留置権においては、第三者から譲り受けた債権をもって
留置権を行使することは許されないことになり、
この範囲で留置権の成立が制限されることになる。
ただ、相続・合併のように法律関係を包括的に継承した場合には、その債権につき
留置権を行使すると解される。継承人は被継承人と同一の法的地位に立つからである。
また、無記名証券や指図証券についても同様に解される。流通証券たる性質上、
債務者は誰であれ、証券所持人に対して債務を直接負担するとの意思が
認められるからである。

(2) つぎに目的物に関し商人間の留置権が成立するためには、
①債務者所有の物または有価証券であること、②債務者との間の商行為を原因として
債権者が占有するに至ったものであること、が必要である。このうち①に関連して、
民法上の留置権では「他人の物の占有者が」となっている(民295条)ところから、
他の所有者が債務者であろうと第三者であろうと差し支えはないが、
商法は明文で債務者所有の物とする。
しかし、これでは窮屈すぎるし、民法よりも厳格に解すべき積極的理由もない。
したがって、占有取得同時に債務者の所有に属しているならば、
第三者に譲渡しても留置権は成立しうるし、また、契約解除により、
売主に復帰した目的物に対する買主の留置権も成立しうると解すべきである。
【“第10章:商人間の留置権と民法上の留置権”の続きを読む】

第10章:多重債務者および保証人の連帯(商法511条の適用範囲)

1 民法の一般原則によると、債務者が数人あるときは、特約がない限り
各債務者は平等の割合をもって債務を負担し(民427条)、また、保証の場合において、
債権者と保証人との間に特約が存しない限り連帯保証とはならず、
保証人は従たる債務者として催告の抗弁権(民452条)や検索の抗弁権(民453条)、
さらに保証人が数人あるときの分別の利益(民456条)を有するとされる。
これに対し商法では、数人が1人または全員のために商行為たる行為によって
債務を負担したときは、各自連帯して債務を負担しなければならない(商511条1項)とし、
また、保証人がある場合において債務が主たる債務者の商行為によって生じたとき、
また、保証が商行為であるときは、主たる債務者および保証人が格別の行為をもって
債務を負担したときであっても、その債務は、各自連帯してこれを負担するとする。
(商511条2項)いずれも商事債務の履行をより一掃確実にするために、
民法の一般原則を修正したものである。

2 それでは、これらの商法の規定はいかなる場合にまで適用されるのであろうか。
まず、多数債務者の連帯性を定める商法511条1項から検討する。
本規定が適用されるためには、第1に、債務発生原因が債務者1人
または全員にとって商行為であることが必要とされる。
したがって、債権者にとってのみ商行為である場合には、本規定の適用はない。
ここでいう商行為は、債務者にとって商行為であれば絶対的商行為で足り、
当事者の商人性は問わないと解される。なお、この債務には同一性を有する限り、
債務不履行による損害賠償債務や契約解除に伴う原状回復義務なども含まれる。

第2に、債務が1つの行為、すなわち数人の共同の行為によって
生じたものであることが必要とされる。この共同行為とは、
数人が直接共同して行為をなし、あるいは数人の1人が
自己の行為とともに他方を代理する行為をなすことをいう。
なお、約束手形の共同振出行為についても、振出人全員のための商行為であるとして、
本規定の適用を認める見解もあるが、
しかし、各自独立した行為によって負担する債務であるから、
本規定の適用はないと解すべきである。

以上のように、債務発生原因が1人にとって商行為であれば
数人の債務者の債務は連帯とされるが、これによって、他の債務者の債務が
商行為性を有するわけではなく、商事消滅時効や商事法定利率が適用されるわけではない。
しかし、商法3条2項により、数人のうちの1人にとって商行為であれば
全員に商法が適用され、したがって、他の人の債務も商行為によって生じた債務と
同様の扱いを受けることになる。
【“第10章:多重債務者および保証人の連帯(商法511条の適用範囲)”の続きを読む】

第11章:検査・通知義務

1(1) 商人間の売買において目的物に瑕疵があるときは、買主は契約の目的を達成できない。
このような場合、買主の取りうる手段として考えられることは、売主に対し、
当初の契約目的を達成するように要求するか、もしくは契約締結以前の
状態に戻すように要求するかである。前者の法的救済手段としては、
瑕疵修補請求や完全物給付請求および代金減額請求があり、後者の法的手段としては
契約の解除がある。なお、双方の場合において損害賠償請求を併せてなすことも考えられる。

(2) ところで、商人間の売買において、買主が目的物の菓子を原因とする
救済の申し立てをなすには、その前提として買主が目的物の検査および
瑕疵の通知をなすべき義務の履行が商法上要求されている。すなわち、商法は
商人間の売買において買主がその目的物を受け取ったときは、遅滞なくこれを検査し、
もし目的物に瑕疵などの契約不適合があった場合、直ちにこれを売主に対して
通知しないときは、買主は売主に対して目的物の契約不適合を理由に
その救済を請求することはできないとされる(商526条1項)。
また、目的物の瑕疵などの契約不適合が直ちに発見できない場合において
買主が6ヶ月以内にこれを発見したときも、買主がその通知を発しなければ、
同様に売主に対して救済を請求することができないとされる。(商526条1項)
これが民事買主の救済の場合と比べて顕著な相違点となるが、商法が商事買主の
目的物不適合の救済要件として目的物検査・通知義務を課したのは、次の理由による。

第1に、瑕疵担保責任の排斥期間(民570条・566条3項)や債務不履行責任の消滅時効期間
(民167条1項)に関する民法の一般原則や5年の商事債権消滅時効期間(商522条)を
商事売買におけるこのような場合にも適用すると、売主が長期にわたって不安定な状態に
おかれることになるからである。
第2に、売主が瑕疵の存否につき調査が不可能になってしまい、
瑕疵修補や完全物との取換えなどが困難になるからである。
第3に、売主が瑕疵ある目的物を商品として再利用することができなくなってしまう。
第4に、売主が商事買主に目的物検査・通知義務を課しても、その企業としての
専門性・技術の高度性などからして過重な負担とはならないからである。
【“第11章:検査・通知義務”の続きを読む】

第11章:確定期売買

1(確定期売買における期限徒過と当然解除規定)
(1) 売買の性質または当事者の意思表示により、一定の日時または一定の期間内に
履行しなければ、売買の目的を達成することができない売買を確定期売買という。
この売買において、当事者の一方が債務を履行しないことにより
期限を徒過したときは、契約締結の目的は達成できず、
このような場合の契約の法的処理が問題とされる。

(2) 確定期契約に関する民法の一般原則によると、履行期を徒過した場合には
民法541条所定の催告をせずとも契約解除の意思表示をなすことにより
契約解除をすることができる。(民542条)。しかし、これを取引の安全と
迅速な結了をより重視する商事売買に適用すると妥当でない結果をもたらす。
すなわち、民法によれば、契約解除の意思表示をすることにより、
はじめて契約の解除がなされるわけであるから、意思表示のない間は
依然として契約は有効であり、結果として債務者は履行の請求を受けるか
あるいは解除の通知を受けるかという不安定な状態におかれてしまうことになる。
そこで商法は、売買の当事者一方が履行をなさずにその時期を経過したときは、
相手方が直ちにその履行の請求をしなければ、その契約を解除したものとみなすとする
当然解除規定を設けた。(商525条)

2(当然解除の要件)
(1) 確定期売買の当然解除が認められるためには、
第1に、それが商人間の双方的商行為であることを要する。
この点につき、商法525条には商人間のものにかぎるという制約がないこと、
本条は売主の保護に狙いを有していることを根拠として商人資格の有無にかかわらず、
売買が一方的商行為であっても差し支えないとする見解がみられる。
しかし、本条と前後の規定との関係、および売主という地位に就きえない
非商人が買主である場合に、商人は保護を受けるが、反面、非商人は
一方的に不利益を受けなければならないとするのは、妥当性に欠ける。
したがって、売買は商人間の双方的商行為に限られると解すべきである。

(2) つぎに売買は確定期売買であることを要する。
確定期売買であるか否かの判定は、1つは売買の性質から、
他の1つは当事者の意思表示によってなされる。しかし、その画一的な具体的基準となると、
それを明確にすることは困難であるが、少なくとも当然解除権を発生させなければ
不都合であるとされる程度の事情が存在しなければならないといえる。
【“第11章:確定期売買”の続きを読む】

卑怯な言い訳

「昨年1年間はとにかく悲惨でした。どこで躓いたのか、と思ったんですけど
 最大の理由は、昨年の3月末にトラブルを抱えてしまったことですかね。
 今から考えても、これは最悪のタイミングでした。そこで精神的に切れてしまいましてね。
 事あるごとに何とか立て直そうと思っていたのですが、どうにもなりませんでした。
 そもそも、そのトラブルと自分に与えられた仕事は全く無関係ですからね。
 だから、仕事に集中しなければならないと頭では分かっていましたが
 身体が動かないというか、結局、最後までそこから抜け出せませんでした。」

「本来、そういう個人的な感情を仕事に持ち込むことはナンセンスですよ。
 だけど、悲しいかな、私はそれが出来なかった。我ながら最悪だと思いますよ。」

無理も無い話し

ゼミ在籍者集:26人
本日の出席者数:12人
冬休み中の課題提出者:4人

指導教授があきれたのも無理も無い話だと思います。
さすがに「君たちは一体何を考えているのか」と先生から叱責されることに。

コレクション

本日を持って、「実況パワフル野球8 決定版」から「12決定版」まで全て揃いました。

・・・遊ぶ暇なんて無いのに。

オーラソーマリーディング

初詣にも行っていないので、当然おみくじも引いていない。
その代わりと言ってはなんだが、こんな占いがあったので。

オーラソーマリーディング
http://white-love.jp/13.htm

◆ 一本目 魂のボトル(あなたの本質を示します)

純粋な魂の持ち主です。感受性が豊かで、繊細。
強烈な理想を持ち、それを貫こうとします。
現実社会においては、理想通りには行かない葛藤を感じることも多いでしょう。
しかし、あなたはその葛藤や苦しみをも理解しています。
様々な問題について、明確な見解をしるすことができるのです。
このボトルを選ぶ人は、自分の中の虹を目覚めさせることが可能と言われています。
様々な可能性を秘め、自己を実現させるために生まれてきた人です。

ボトルNo 054
ボトル名 セラピスベイ
カラー クリア/クリア

◆ 二本目 チャレンジ&ギフトのボトル
(あなたの過去と乗り越えるべき課題を示します)

頭でっかちの状態です。
先のことばかり考えて、今を生きていないのではありませんか?
集中力が散漫していて、優柔不断や混乱といった症状を起こしがちでしょう。
人生で甘美な経験を得られないせいか、甘い食べ物を欲する傾向が。
また、屈折した感情やネガティブな思考に蓋をして
「無いこと」にしている状態も考えられます。
表層的なポジティブシンキングにとらわれているようです。
頭で考すぎる癖を見直すべきでしょう。

ボトルNo 042
ボトル名 ハーヴェスト(収穫)
カラー イエロー/イエロー

◆ 三本目 「今ここ」のボトル
(現在の状態と気づきを示します)

「移行」をあらわすこのボトルは、次の段階へ移るステップを
踏み出している状態を示します。
これまでの居場所から、一段階段を上っていくべきとき。
しがらみを捨て去ることで、ステップアップが容易になるでしょう。
今まで捉われていたマイナスの思考や感情から解き放たれ、
自由な感覚で表現できるようになるはず。心身が平和に満たされます。
その心の安定が受容の力として周囲に発揮され、
取り巻く環境や人々を調和のエネルギーで包んでいくでしょう。

ボトルNo 002
ボトル名 ピースボトル
カラー ブルー/ブルー

◆ 四本目 未来のボトル
(現在の状態からどう変わっていくか、未来の可能性を示します)

内面に、深い平和を宿しています。
現実的な感覚を持ちながら、スピリチュアルに生きることができる人です。
内なる誇りと権威を宿したあなたは、カリスマ性を持った孤高の人。
誠実なコミュニケーションで周囲に静かに影響を与えていきます。
物事をクリアに見定め、的確な判断を下していきます。
深い直感とつながり、自分を信じることのできるあなたは、
確かなインスピレーションで人生をよりよい方向に導くことができるでしょう。
ボトルNo 096
ボトル名 大天使ラファエル
カラー ロイヤルブルー/ロイヤルブルー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。