GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前川に懲役2年の求刑@大阪地裁

良くも悪くもこの記事は省きすぎ。
論告求刑+最終意見陳述だけが行われた訳ではない。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070423k0000e040052000c.html

大阪地裁に傍聴に行ってきた。メモを取れた範囲で再現しているので
記述は不完全、あるいは「白紙」部分がある。

8時半過ぎに大阪地裁に電話して、開廷時間は何時なのかを確認すると
「10時40分から、801号法廷で」とのこと。

大阪地裁に到着後、801号法廷はどこだ、と思いながら
案内板を見るとエレベーターの位置と正反対。(つまり建物の一番奥。)

マスコミで騒がれていたわりには(関西だけ?)
傍聴券の交付なども無く、素通りで傍聴可能だった。

開廷時間より5~7分ぐらい遅れて傍聴席へ着席。
傍聴席は40近くあったがぼぼ満席。
最前列が記者席で、ここは全て埋まっていた。

前川はスーツに丸刈りの頭、神妙な表情で被告人席に座っていた。
マウンドに上がっている時とは、全く別人の姿。

裁判は、ちょうど証拠調べの真っ最中で、裁判長が前川被告が
被害者宛に書いた手紙を朗読しているところだった。

出されていた証拠としては
・4月3日に作成された和解に関する同意書
内容は
・事件に対する謝罪
・免許を取らない限り車は運転しない
・事故処理も保険会社任せにしない
・4月15日に100万円の支払い(支払い済み)

そのほか、保険会社の発行した支払い証明書なども。
(保険会社から、25万8千円の支払いが完了したとか。)

一通り、証拠物件の確認が終わると、弁護士が被告人質問を請求。
「示談過程について10分間程度」とのこと。

以下、聞き取れた+書き取れた範囲で再現。
全体を通して前川の緊張した様子が伝わってきて、
普段言われているふてぶてしさみたいなものは皆無。
本当に小さな声でボソボソと話していただけ。

・被害者への手紙はどういう気持ちで書いた?
→書き取れず。(汗)
確か、本当に申し訳ないとか、そういう旨の話をしていた。

・父親も手紙を書いたが、どういう気持ちで書いたと思う?
→家族の代表として…(以下書き取れず)

・被害者に何を伝えたか
→社会のルールを守るということと…(以下書き取れず)

・4月3日に作成した被害者との同意書(示談に関する書類)で
100万円を支払ったが、その金額が決まった経緯は?
→最初は50万円を提示したが、被害者側に納得して頂けなかったので
双方の弁護士との話し合いで100万円に決まった。

・保釈後の2月に会った時どんな様子だったか
→(被害者の女性の様子について説明。掲載自粛。)

・100万円の支払いはどんな気持ちで?
→記録できず。

・その後の被害者と被害者のお母さんの反応は?
→「社会のルールを守るように」と言われました。
被害者の方からは許してもらえたと思います。

・事件で勉強したことをまとめてみて。
→自分の知らない世界だとか、未熟さや弱さを知った。

・この経験をどう活かす?
→野球に活かしたいです。立派な社会人として…。
(ちょっと、しどろもどろだった。)

被告人質問は以上で終了。
ここで裁判官から質問が出る。

・検察官が訴因を変更したけど、それに関して診断書は見た?
→一度も見ていないです。
(※この日、検察官は訴因を「全治3ヶ月程度の傷害」に変更。
 察するに、負傷の程度を重くしたと思われる。)
(根拠条文は刑事訴訟法317条。)

ここで、弁護士さんが前川に実物(のコピー?)を見せる。
→和解の合意の際には、容態についての話は無かった。

さて、論告求刑に移る。
検察官は、あらかじめ書かれていた書面を小さな声+早口で
すらすらと読み上げる。
聞き取りにくい(というか聞こえない)ことこの上ない。
でも、この程度の事件なんて、そのスタイルで充分なんだろうなぁ…。

それによると、事故は
・自動車運転者としての基本中の基本を怠った
・2年の間に罰金2回、違反5回があった
・悪質極まりない犯行
云々を読み上げて、「厳罰が必要で懲役2年が相当」と。

そして、弁護側の意見陳述。
・示談が成立している
・事件内容が悪質極まりないことは認める
・時速5km~10kmで衝突しており、事故態様としては軽微。
・被害状況について、被害者からは「痛い」という話だけで、詳細報告なし。
・(示談金)100万円の支払で許してもらえたと思う
・事故は、御堂筋に出ようとしたところ、信号無視をした歩行者を待っていて
 立ち往生中に対面信号が赤になり、やむを得ず衝突したもの。
 免許の有無は別として、運転は慎重だった。
・反省、更生の意思はある
・解雇されたこと、マスコミに大きく報道されて社会的制裁を受けた
・順風満帆の野球生活から社会的制裁を受けている
以上のことから、執行猶予を求める。

最後に前川の最終意見陳述。
・本当にやったことを反省している
・被害者にお詫びしたい
・野球が出来るならば、反省を活かし立派な社会人になりたい

これにて、結審。
次回公判は5月7日午前10時から。
裁判長は前川に
「呼び出し状は送りませんから、時間と場所を間違えないように」と声をかけていた。

もしや、この裁判官11月31日事件を知っているのでは?
スポンサーサイト

Happy birthday to you!

いくらなんでも、9番は無いよなぁ…。

誕生日を記念してか、江藤がスタメンで出場。
結果は4打席3三振。

ずいぶんと苦い誕生日になってしまった様子。
守備でエラーが無かっただけでも収穫か。

しかし、外角のスライダーにバットがクルンクルン回る様は、あまりにも寂しい。

正しい指導は?

教育心理学の講義にて。

「授業中に漫画を読むのは良くない。」という話をU先生がしていた。
理由は「漫画の作者に失礼だから。」

つまり
「授業中に読むと、授業の内容も漫画の内容も中途半端にしか理解できないので
 一生懸命に作品を書いている作者に失礼」という理屈である。

その考えを踏まえた上で、U先生が高校の非常勤講師をしていた時に
漫画を読んでいた生徒に向かって「漫画を読むなら出て行って読め。」と
注意した時の話をしてくれた。

普通ならば、注意されると生徒は漫画を読むのを止めるものだが、
その生徒は本当に教室から出て行ったという。

授業後、U先生は教頭先生に呼び出された。
「授業中にもかかわらず、漫画を読むのを推奨するとは何事か」という訳だ。
この指導に対してU先生は先の理屈で反論した。
「私は、(授業か漫画の)どちらかに集中しろと言ったまでだ。」と。
するとU先生を待っていたのは、「来年度は契約を更新しない」という通知だった。

U先生いわく「危険思想の持ち主と思われたんでしょうかね。」

さて、U先生の理屈は本当に間違っているのだろうか。

西武5-2オリックス

西武5-2オリックス

海の向こうで松坂がメジャー初勝利を上げたころ、日本では岸孝之がプロ初勝利を上げていた。
昨年は松永のプロ初完投を生で観戦。偶然とはいえ、巡り会わせが良すぎる。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。