GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関川夏央:『海峡を越えたホームラン』(あとがき)より抜粋

以下、全て引用。ただし改行は編集者による。
------
 現在、在日コリアンの九割以上が日本生まれ日本育ちである。
そして現実には誰もが「祖国」を重要視していない。
理念に埋没していては日々の生活は営めないのである。
 在日コリアンは現代日本文化の重要な構成要素である。
彼らには帰る国などなく、日本社会に暮らしつづけるのである。当然そうして欲しいのである。
だから私はかりに「よき在日コリアンたれ」とはいえても、
「よき韓国人たれ」などというフィクションはとうてい口にできない。
(中略)
 さらに今日「国際化」といえば聞こえはいいが、
外国人の労働市場流入は一定水準を保って継続している。
それら外国人は、いまだ世代を重ねて定着する傾向を見せてはいないが、
すでに在日コリアンという独特のステイタスが、
それ以外の国・地域からの長期労働者、長期就学者に不平等感をもたらしている。
つまり「在日」それ自体が新たな差別の苗床となる可能性を持ちはじめたということだ。

『海峡を越えたホームラン』で私は、田中明氏いうところの
「運命に流される人間としては決して振舞っていない」在日コリアンの青年たち、
「心労でノイローゼ寸前になりながらも」「プロ選手としての意気地を失わず、
 職能人として技術の伝授などについては使命感を持ち、おのれを貫こうとしている」
「主体的在日コリアン」の姿を描いた。
繰り返すが、それは在日コリアンの新しい動きなどでは決してなく、
必然性に支えられた人間の生きかたの追認であった。
その事実を踏まえるとき、『由煕』のような強迫がいかに痛ましいものであるか、
同時にいかに現実離れしたものであるかが瞭然とするだろう。
私たちは彼らをフィクションによっておびやかしてはならず、
彼らはフィクションによっておびやかされてはならないのである。
(以下略)
-----

関川夏央:『海峡を越えたホームラン』双葉文庫
文庫改訂版へのあとがきにかえてより抜粋。
スポンサーサイト

日本語も理解できる

福留 英会話レッスンが第一の課題
幸いにもカ軍には元広島のソリアーノ、……日本語も理解できる“橋渡し役”が
ソリアーノが理解できる日本語は広島弁ではないだろうか。
福留の話す日本語はおそらく関西弁だと思うのだが、広島弁と大差は無いか…?

福地がヤクルトへ

石井一の人的補償で福地を獲得

5年前の福地なら、石井一久と釣り合いの取れた選手とは言われなかったはず。

広島時代は叩きつけてゴロを打つ打撃ばかりを要求されていたが、
西武に移籍し、2軍のコーチのアドバイスにより、その打撃スタイルを変えたことで大きく開花。
ヤクルトの首脳陣が、この打撃スタイルに理解を示してくれることを祈るばかりである。

ラミレスが退団したので、空いたレフトの座を狙えるか。

キャラミル研究所~ツキアイゲノム2

http://www.charamil.com/
ここで診断できます。
細かいことは置いておくとして、早速結果発表。


ツキアイゲノム:COOL

主な特徴
私は私、ヒトはヒト。自分だけの世界観を持つ人です。
「みんなと同じ」であることに価値を感じず、
自分の個性/信念に基づいて行動します。
ある意味、オトナ。

自分だけの世界観とか言うと
頑固に聞こえますが意外にそうでもありません。

よくしゃべる相手には聞き役、社交が必要なときは当たり障りのない話と
相手に応じたコミュニケーションをすんなりと操ることができます。
こうしたスムーズなコミュニケーションも
「ヒトと自分は別なモノ」とわりきれているからこそ。

周りのヒトが反論や批判など強い意見を言っても、
心の中ではそれほど動じません。
もめ事も少なく、さらりと会話をこなすタイプです。

------
ええとね、冒頭4行は確実に当たっていると思う。
流されて自分を安売りしたら負けですよ。



ウラゲノム1:KNIGHT
「ナイト」は素直で柔順。仲間のために何が出来るか、
何をして上げられるか、という発想をします。

周囲と協調し、友達や知人のために
なにかをしてあげることに限りないエクスタシーを感じます。
与えられた使命を果たすことに、命をかけ・・・は言い過ぎですが
ガッチリ責任を持ちます。
だからナイトは、周りに敵を作りません。

またナイトは聞き上手でもあり、
主張の違う他の意見にも素直に耳を貸すことが出来ます。
人当たりの良さも魅力のひとつです。

一方で受け身体質のところがあり、
自ら率先してなにかを切り開いていくのはチト苦手。
誰かに期待されないといまいち燃えません。
むしろ仕事くれ!ってかんじ。
待ってるうちにスリープ状態に入っていることもよくあることです。

行動特性
「遠足の[しおり作り係]に燃えるタイプです」

・協調的で相手を立てるのが上手です。
・ヒトからのアドバイスや指示を素直に受け入れます。
・時に受け身がちになりがちで、人の意見を
 ツルッと、うのみにしてしまうことも。
・与えられたポジションに燃えます。

------
一歩間違えると指示待ち族ですな。(苦笑)
ただ、自分を崩そうとしないのが人の話を素直に聞けるのか?



ウラゲノム2:CAPTAIN
「キャプテン」は仲間思いのモラリスト。
礼儀やあいさつ、約束事などとにかく「仁義」にこだわり、
仲間には惜しみなく思いやりを与えます。
「自分だけ良ければ・・・」などという気持ちとは
最も縁遠い、いまどき貴重な「まっとう」なヒト。

ほめ上手なのは当たり前、他人の失敗を戒めたりする場面で、
愛のある態度で接することができるしかり上手でもあります。

言ってしまえばアニキ/アネゴキャラ。
本物のチームを作れる可能性を秘めた存在です。
しかし、わがままさんが多い現代社会にあり、
理想の通りにリーダーシップがとれるかというと
そこはまた苦労はつきないのであります。


行動特性
「基本的に『仕切り屋』です」

・面倒見がよく、仲間思いです。
・礼儀や人情を大切にします。
・平等をモットーにします。
・けっこうカタブツ。おせっかいなところもあります。

------
うーん…。徹底した身内優遇の傾向がありますよ。
平等をモットーにしているかどうかは微妙なところ。
しかし、仁義の無い人間は切り捨てられて当然。



ウラゲノム3:REALIST
「リアリスト」は合理的な現実主義者。
世の中を観察、分析し、自分はいま何をするべきか
筋道を立てて考え、冷静に答えを出します。

夢を現実に変えるにはその道筋を理解することが必要です。
ギターが弾けない人は「ミスチル」にはなれない。
変身できない人は、「仮面ライダー」にはなれない。
そういう夢のないことをスパッと言いきることのできるヒトです。

合理主義なんてと言うと「カタブツで冷たい」イメージがありますが
まったくその通り。(やや言いすぎ)
極端な話ですがルールや規則でしばって
周囲に窮屈な思いをさせるところもあります。

きちんと筋道立てて話せない人と話すとちょっとイライラしたり、
なにかとストレスも多いのがリアリストのつらいところです。

行動特性
「きっちりモノを考えるのが好きです」

・現実主義者
・合理的に考え、効率的にパパッとこなすのが好き
・冷静沈着。ピンチでもパニックにならない自信あり。
・一貫性のない発言をする人は許せません

------
まあ、言われてみれば。
刑事政策専攻で感情的になるようでは話になりません。
効率的に動くのは確かに理想、だけど現実は…。
まだまだ修行が足りません。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。