GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治国家の再編・国会開設まで

明治政府は当初、新政府樹立に力を尽くした薩長土肥の4藩出身者が
実権を握ったので藩閥政府と言われた。
明治維新の改革で、従来の身分的特権が無くなった士族の不満は高まり、
その不満を解消するために西郷隆盛や板垣退助らが中心となり
征韓論を展開した。しかし内治優先論を説く大久保利通らの反対により実現せず、
西郷や板垣など征韓派は下野(げや:官職を辞して民間人になること)した。

新政府のやり方に不満を持つ士族のなかには、反政府的暴動を起こすものもあったが、
1877年に西郷隆盛が中心となって起こした西南戦争を最後に武士による反乱はおさまった。

板垣は1874年に民撰議員設立の建白書を左院に提出し、藩閥専制を批判して
国会の設立を求めた。これがきっかけで、自由民権論は急速に高まった。

板垣は同年土佐に帰り、立志社をおこす。立志社は後年愛国社を経て、国会期成同盟へと
発展していき、最終的には1881年10月に板垣を総理とする自由党が結成された。

自由民権運動の高まりを前にして、政府は内紛を生じ、
大隈重信は国会の即時開設を主張し、伊藤博文はこれに反対した。
また、1881年7月に発覚した開拓使官有物払下事件で藩閥政府攻撃の世論は高まり、
自由民権運動はいっそう激しくなった。政府は大隈重信をこの世論と関係があるとみて罷免し、
10年以内(1890年)に国会を開設すると公約した。(同時に払下の中止も決定。)
スポンサーサイト

コメント

終わらねー

  • 2005/11/10(木) 01:31:04 |
  • URL |
  • kikori #-
  • [ 編集]

思わず吹き出したよ。まさかこれにコメントつけるとは。(笑)

  • 2005/11/11(金) 00:11:14 |
  • URL |
  • M・K #GWMyNl/.
  • [ 編集]

まあイイジャマイカ。
日本政治史のレポートプログに載せてみた。
最近まったく更新してなかったがw
3時間で講義のノートの部分をむりやり繋げて作ったんで出来がかなりやヴぁいが見てくれ

  • 2005/11/11(金) 21:03:03 |
  • URL |
  • kikori #aIcUnOeo
  • [ 編集]

了解。見に行きます。
ここもさっさと通常モードに戻さないとな。(笑)

  • 2005/11/12(土) 01:43:06 |
  • URL |
  • M・K #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glorydays.blog2.fc2.com/tb.php/122-d992e68f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。