GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓日比較

韓国映画に「大統領の理髪師」(主演:ソン・ガンホ)という映画がある。
理髪師として普通に生活を送っていたハンモだったが、
ある日突然青瓦台(大統領官邸)お抱えの理髪師に選ばれて
そこから家族の運命が一変するという話。

その映画で時の大統領・朴正煕が話していた。
「四捨五入は日本から入ってきたものだ。けしからん。」と。
要するに、「日本の真似はするな」という訳だ。

さて本題。
【記者手帳】日本式英語「クールビズ」 を流用した韓国政府

朴正煕大統領の願いも虚しく、韓国政府が日本の真似をした模様。
しかし、そんなに日本の真似をするのが嫌か。池海範(チ・ヘボム)国際部部長さん。

【社説】金英男さん親子の対面、拉致問題への対応変える契機に

一方こちらは、日本政府に比べて拉致問題の対応が生ぬるい韓国政府を批判。
自国の提灯時期を書くだけじゃないのね。(←ちょっと皮肉を込めて。)
スポンサーサイト

コメント

まあクールビズはかなりへんてこな略語なので、そんなもんをわざわざまねしなくてもという気はする。
でもhandleはネイティブ英語圏でもたまに使うらしいですよ。

  • 2006/06/11(日) 10:46:14 |
  • URL |
  • アルビレオ #gle96ifk
  • [ 編集]

よりによってそこを真似するか、という思いはあります。
もっと別のものを取り入れれば良かったんでしょうけど、
池海範国際部部長も政府のその浅はかさが不満なんでしょうね。

  • 2006/06/12(月) 00:47:14 |
  • URL |
  • M・K #GWMyNl/.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glorydays.blog2.fc2.com/tb.php/247-bb639bbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。