GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ栄光のために(堀内恒夫物語)

「・・・エースとして扱えばエースのはたらきをするが、そうじゃないと、
 そっちがそう思ってるならおれもそのようにやるさというほうに考えがいってしまう。
 そういうのは一種の弱さだと思うんだよ。まあ、持って生まれた性格だから仕方がないが
 そのもろい面が最後になって出たね。」

文春文庫:海老沢泰久著『ただ栄光のために 堀内恒夫物語』より


あまりにも共感してしまったので、つい抜粋してしまった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glorydays.blog2.fc2.com/tb.php/261-9ba67d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。