GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッテ1-2オリックス

ロッテ1-2オリックス

・・・という訳で、京セラドームへ行って来ました。
代田は期待通り1番レフトでスタメン起用。

オリックスの先発はオバミュラー。
常にボール先行の投球も、何故かロッテ打線は打ちあぐね
4回まで安打は今江の本塁打1本のみ。

5回に青野の3塁戦を破ろうかという当たりを中村紀がダイビングキャッチ。
グラブからボールがこぼれたために1塁へ投げることはできなかったが
抜けていれば2塁打は確実だっただけにこのプレーは大きかった。
オバミュラーは次の打者大松にもフォアボールを与えたので、ここで交代。
2番手は前川。しかし、ロッテの打順はスイッチの代田、右のサブロー、
スイッチの西岡と続く場面なので、正直疑問が残った。

代田が送りバントを決めて、1アウト2・3塁。
サブローは三振に倒れたが、西岡がフォアボールを選び満塁。
ここで、ユウキにスイッチ。2アウト満塁で里崎。
里崎がライトフライに倒れ、結局この回が無得点で終わる。

後から見れば、この回に点が取れなかったことが響いた。

7回裏、先頭の中村紀にヒットを打たれたところでロッテは成瀬に代えて黒木を投入。
「ピッチャー黒木」がコールされた瞬間、球場全体が歓声に包まれた。

8回表はサブローがヒットで出塁するものの、西岡がゲッツー。
それでも2つフォアボールが続き、2アウト1、2塁のチャンス。
ここでバレンタイン監督は、セカンドランナーを里崎に代えて大塚を起用。
打者は今江、マリーンズサポーターのボルテージは最高潮に達した。
いい打球だったが、もう一伸び足りずセンターフライ。

里崎に代走を起用したことで、代田の打順に捕手・橋本が入ったため
一番の目当てだった代田はこの回限りで交代。

9回表に登板したのは菊地原。
ここでバレンタイン監督は代打攻勢(というか左右病)に出る。

まず「左の」フランコに代えて、「右の」堀を起用するも掘は三振。
続く「右の」青野はそのまま打たせて見事に2塁打。
次に「左の」大松に代えて「右の」辻を起用するもショートゴロで2アウト。
そして「左の」橋本に代えて…出てきたのは「右の」ヴァル・パスクチ!
(実は、パスクチも目当てだった。)

この展開でパスクチに期待することは、一発しかないが、
フルカウントまでは粘ったものの、最後は敢え無く空振り三振、試合終了。
以前、阪神との交流戦中継でサンテレビの解説の誰かが
「パスクチは初球を絶対に振らない」と言っていたが、この日も然り。

試合終了後、マウンドに野手が集まる中、ボール先行の投球に
不甲斐無さを感じたのか、菊地原は自分で自分の頬に平手打ち。

この試合では、4回の今江の打席と5回の里崎の打席に、
マリーンズサポーターが李スンヨプのテーマを歌っていたが、
(ホームラン、李スンヨプ! ナナナナナナナ)
今年からチャンステーマとして扱うことになったのだろうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glorydays.blog2.fc2.com/tb.php/278-8d508cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。