GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西武11-1オリックス

一つのミスから取り返しのつかないことになる。

西武11-1オリックス

オリックス先発の平野佳寿が、福地のバント処理で3塁へ悪送球したことがきっかけで
1イニング6失点。きちんと処理していれば、3塁封殺の可能性もあっただけにもったいなかった。
結局この回で気持ちが切れてしまったのか、平野は次の回も5失点と散々。
3回に6失点した時点で代えるべきだったと思うけどなぁ。

西武先発の松永はボール先行の投球だったが、
要所要所でストライクゾーンにボールが行ったためだろうか、
オリックス打線は凡退を繰り返していた。

唯一危なかったのは3連打された5回のみ。
その後は目立ったピンチもなく、ノラリクラリとプロ初完投。

オリックスでは阿部健太が非常に良かった。
両軍通じて、この日唯一の(?)ストライク先行の投球をしていたように思う。

9回表の攻撃が始まる前に、どういう訳か球場がワッと沸いた。
理由は途中経過の表示。阪神がリードしていたから。
たとえ京セラドームで、オリックスの試合を観ていても
阪神の試合だけは決して忘れない。さすがは大阪である。

7回のカブレラの打席。2球目が自打球となる。
トレーナーに付き添われてベンチに下がり、カブレラはここで交代。
代打に起用されたのは中村。
カブレラのカウントが1-1だったので、中村のカウントは1-1から再開。
中村は1球目空振り、2球目見逃しで3ストライク、よって2球で三振。

そして、そのままファーストの守備につく。
個人的にはあの場面、江藤の登場を期待していたのだが。

8回表の攻撃中から、炭谷が防具をつけて松永とキャッチボールをしていた。
これはもしかして、と思っていたら8回の裏から細川と交代。
9回には打席も回ってきたが、オリックス4人目の金子の前に
バットを折られて、ピッチャーライナーで凡退。

この試合で一番問題だったのは、平野を続投させたことではなく
村松を全く使おうとしなかった中村采配。

石川県から修学旅行か何かで、たくさんの生徒が来ていたにも関わらず
代打はおろか、代走、守備要員としても起用しなかった。
バックスクリーンに生徒の集団が映し出されて、場内アナウンスが
「石川県といえば…村松選手!」と紹介したにもかかわらずである。

中村監督は、今すぐ生徒さんたちと村松に謝るべきではないだろうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glorydays.blog2.fc2.com/tb.php/284-8bc33423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。