GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島9-11横浜

広島9-11横浜

フェリシアーノに期待することは許されないのですか?

2回までに6点の援護を貰っておきながら、4回と3分の1イニングで
なぜその6点を丸々吐き出すのか…。
今日こそ、1軍初勝利を記録できると思ったのに…。

さてフェリシアーノだが、実のところ、過去には8点の援護をふいにしたことがある。
1軍初登板となった2004年6月13日の巨人戦(東京ドーム)。
何と4回と3分の2を投げて3本塁打9失点でKO。
スポンサーサイト

コメント

ペルドモとベル友

そのフェリシアーノの一軍初登板の試合を観て、早々にこりゃダメだと見切ってしまったという事は秘密にしといた方がイイかなと思うナツキです。
最近ドミニカン勢に元気がありませんねぇ。
まともに戦力になったといえば99年のペルドモにまで溯らねばなりません。
去年のフランコは、それでも出てくるかな?という期待があったんですが、1年でお払い箱。外国人野手、一人はいたっていいと思ったんですけどねぇ?
現に野手層スカスカだし。準支配下選手登録だってあるし。
とりあえず、ダグラス・ベイルがいない今はドミニカ勢二人がやってくれないと困るのですが・・・。

P.S.
西武戦を観ていたら福地が元気そうで何より。今年のホームラン4本にはびっくりでしたがw 江藤の出番は・・・。

レイノソ≒フェリシアーノ

>フェリシアーノ初登板
あれだけ見事な投球をすれば、見切りをつけられるのも無理は無いかと思います。(苦笑)
本塁打だけは避けてほしい場面で、しっかり本塁打を打たれているわけですから。

>ドミニカ勢
2002年にアメリカへ渡ったラモン・ラミーレスは
今年からコロラド・ロッキーズでセットアッパーとしてバリバリ投げているようです。
またも、ドミニカアカデミー出身者の可能性の高さを世界にアピールする形となりました。(苦笑)

フランコはもったいないですね。
打撃はそれなりに通用していましたし、
残っていれば今頃ファーストを守っていたのではないでしょうか。(笑)

福地は相変わらずの快足と、広島時代には考えられなかった強打者になっていますね。
江藤も、昨年と比べれば出番に恵まれていますよ。(笑)

  • 2006/08/23(水) 23:36:54 |
  • URL |
  • M・K #bpzOVIvE
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glorydays.blog2.fc2.com/tb.php/290-2e60aa71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。