GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実況パワフルプロ野球11超決定版

遅ればせながら、実況パワフルプロ野球11超決定版をPS2本体と購入。
パワプロの楽しみ方の1つとして、コンピュータのバカ采配を眺める観戦モードがある。

今日は西武と巨人という02年の日本シリーズ以来の因縁の対決を観戦することにした。

試合結果は次のようになった。

巨人20-4西武

これは、決して巨人2-4西武のタイプミスではない。西武が20失点したのは事実である。
以下、順に西武投手陣の成績を記す。

松坂:3回6失点3本塁打
大沼:1回5失点2本塁打
長田:2回2失点1本塁打
星野:2回0失点
小野寺:2/3回7失点3本塁打
帆足:1/3回0失点

合計9本塁打・20失点である。

内訳は、ペタジーニ、小久保が各1本。清原と阿部が各2本。
ローズに至っては3本を献上した。

コレに対して西武の反撃は、フェルナンデスのタイムリー、和田とカブレラの本塁打だけだった。
(カブレラが2本。)

巨人打線は、現実ではもちろんのこと、ゲームでも異常な破壊力のようである。

何しろ、カープとの対戦を観戦した時は

巨人19-14広島 という壮絶なザル試合打撃戦を見せてくれたのだから。

絶対、ゲーム全体が打高投低だって・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glorydays.blog2.fc2.com/tb.php/30-b2da17ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。