GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

46分の44

前期に履修していた少年法は、期末試験の結果を試験終了後2週間前後で
担当の教授が自身のサイトに発表していた。

結果は、履修者46人、合格者44人というもの。
ここまで極端な数値を見せられると、出来の悪かった私としては震え上がらざるを得ない。
(不合格者の数が多かろうと少なかろうと、震え上がることに変わりはない。)

もしかして、不合格者の2人のうちの1人ではないか、と思って受け取った成績表には63点という評価が。

つまり、合格者最低点で単位認定されたことが確実。
(成績分布表の60点台は1人だけだった記憶があるし。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glorydays.blog2.fc2.com/tb.php/306-d5346329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。