GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし

取れるはずのアウトを取れなければ、負けて当然。
西武4-5楽天 選手成績

ポイントは7回裏。
1アウト満塁で打者はフェルナンデス。
2-2からの5球目、ボール球に手を出してくれてショートゴロ、
「やったぁ、6-4-3のダブルプレーだぁ」と思ったのも束の間、
ショート中島がセカンド片岡に見事なトス。
フェルナンデスは全力疾走で1塁を駆け抜ける。
結果は言うまでも無くセーフ。
はい、4-3でチェンジのはずが4-4の同点になりましたよ。

いくら何でも、あの打球でトスはないだろう。
あれは上からなり横からなり投げるべき。

フェルナンデスがセーフになった瞬間の野村監督の笑顔といったら!!
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2007/10/03(水) 23:33:02 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glorydays.blog2.fc2.com/tb.php/384-6d527a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。