GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語を話そう

6日は所用で東京に行って一泊、7日の朝に大阪に戻りました。
移動手段は新幹線でした。

新幹線の切符というのは緑の窓口だけでなく、自動券売機でも買えます。
しかし、その券売機では近距離切符は買えません。

恐らく、出張なのでしょう。
スーツ姿の男性が券売機に何人か並びます。
その後に順番を待って並びました。
そして、私の後に並んだのは、明らかに旅行で来ているであろう
西洋系の外国人3人組。(以下、必要に応じてABCと表記。)
3人とも大きなリュックを背負い、東京の電車の路線図を持っています。

(もしかして、近距離切符目当てじゃないのか…?)と思いながら、
チラチラとその人たちを見ていました。
持っている路線図に、540という数字が書き込まれているのが見えました。

券売機の上に掲示されている路線図を見ながら、彼らは何やら話し合っています。
(言うまでもないことですが、その路線図は近距離切符用です。)

そうこうしているうちに、私の順番です。
(新幹線の券売機だって分かっているのかなぁ…。)と思いながら、
新大阪(大阪市内)までの切符を発券し終わりました。

そして、いよいよ彼らの順番です。
(大丈夫かな?)とどうにも気になったので、後を振り返ると
外国人Aが千円札1枚だけを投入しようとしています。

ここで、彼らがこの券売機が新幹線専用の券売機であることを
理解していないことが確定しました。
何とか教えてあげないと、彼らは混乱することでしょう。
列の後ろにはまだ並んでいる人がいるのです。
意を決して、彼らに話しかけることにします。

「Very long distance only.」

ええ、要するにですね。
「この券売機は、新幹線専用だから近距離切符は買えませんよ。」と言いたかった訳ですよ。
だけど、新幹線云々なんて説明できないので、
(東京と大阪はとても遠いから、very long distance、
 それと、新幹線専用なのでonlyと言おう。)という
中学生並みの単語力と思考回路が炸裂したのです。

一言目を話しかけた時は、外国人Bに「Ha?」という顔を声付きでされました。
(切符を買おうとしていたのは、A。3人とも1列に並んでいた。)

ここで(しまった、使用言語は英語では無かったのか!)という焦りが生じます。
もし彼らの言語が、ドイツ語だったりした日には目も当てられません。

しかし、彼らの使用言語は英語だったようです。
一言目に反応した外国人Bが券売機に千円札を突っ込もうとしてる
外国人Aに声をかけたようです。

「オイ、こいつ何か言ってるぞ。」
たぶんそんな感じでしょう。<それでも文句は言いません。

そして、券売機で切符を買おうとしている外国人Aは私に言いました。
近距離用の路線図をさして、「俺たちはここに行きたいんだ。」(もちろん英語。)

そこで新幹線の切符を見せながら、繰り返します。
「Very long distance only.」と。

確か、「Long distance?」と言われて
「じゃあ、どこで買えるのか。」という意味合いの英語を言われたと思います。

「そっちの券売機で買える」など、適切な英語が何も浮かびませんから、
左手を振って近距離切符用の券売機を示します。
((貴方たちが切符を買うのは)そっち、そっち。)と。
(※券売機間の距離は2m程度(記憶違いがなければ)。)

・・・通じましたよ。<我ながらビックリだよ、オイ。
「Very long distance only.」の一言と手振りだけで。

正しい券売機の前に来れば、あとは安心です。
券売機には英語表示切替(音声ガイド付き)もありますからね。
どうやら、切符は無事に買えたようですよ。
「Thank you.」と声をかけられましたし。


「英語の会話は(日本の)中学生レベルの単語(or文法)で充分。」とよく耳にします。

なるほど、今回の件も言われてみればそうです。
使った単語は決して難しくありません。間違いなく中学生レベルです。

しかし、それを差し引いたとしても、もう少しまともに話せないのかと。
せめて、「ここでは買えません。」(「Can't buy here.」)ぐらいは
スラッと出てこないと説明になりません。

今になって「ああいう言い方が出来たんじゃないか。」
「こういう説明が出来たんじゃないか。」と思うのです。

しかし、3年前に某飲食店で英語を駆使して接客していた頃に比べると
英語力ががた落ちしていることは疑いようの無い事実。情けなや。


【蛇の足】
エキサイト翻訳にて作成。今回ならこれで充分通じると判断。
なお、日本語訳はいずれも改変済み。

This machine is for very long distance ticket.
(この券売機は長距離切符のためのものです。)

You buy the ticket there.
(あなたはあそこで切符を買って下さい。)
スポンサーサイト

コメント

どもーけっこう前の日記だけとコメントー。おにいちゃんもそういう経験にであっているのね。
私はなかなか学校以外では英語話さないから、駅で聞かれたらウロタエそう…。
みごと国際協力ですね。

  • 2007/11/16(金) 23:48:29 |
  • URL |
  • イコ #-
  • [ 編集]

>イコ
日付は気にしないように。(笑)

普段英語を話す機会がないから、いざという時に出てこないんだよね。(苦笑)
東京は外国人が多いので、これからもこういうケースは多そうです。

  • 2007/11/17(土) 01:13:26 |
  • URL |
  • M・K #SPvaaz2o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glorydays.blog2.fc2.com/tb.php/387-ec85b6ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。