GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目には目を、歯には歯を。ホームランにはホームランを。プロ初にはプロ初を。

ずいぶんと派手にやってくれたな、これは。

1点先制された直後、3回裏に飛び出したバルディリスの満塁ホームランで
早々と勝負ありかと思ったら、話はそう簡単には終わらなかった。
4回表に「ホームランにはホームランを!」と言わんばかりに、
陽岱鋼と中田翔にホームランが出て1点差。

そのままこう着状態を見せていた試合が動いたのは7回表。
ホフパワーが佐藤達也から同点ホームランを打ってしまった。
一発のある打者に真正面から勝負にいってしまい、それが最悪の結果を招いた印象。
シングルヒット、もしくは四球でも問題の無い場面だったのにも関わらずだ。
何はともあれ、試合はこれで仕切り直しに。

これは、最悪、試合が長くなるかもしれないと覚悟を決めていたところ、
あろうことか、8回から登板した中山と後を受けた小松が
西川のホームランを皮切りに、あっという間に3失点。

ここで簡単に終わらないのがオリックス。
バルディリスが、小谷野のタイムリー2ベースに対抗するかのごとく、
「タイムリー2ベースにはタイムリー2ベースを!」と反撃の1本。
バルディリスは都合5打点。

9回表は松本幸大が登板。
ホフパワーと大引を打ち取るも、そこからが終わらない。
鶴岡にヒットを打たれたのはともかく、
左打者の中島に引っ張られて一二塁間を破られたのは正直頂けない。
掛布さんの言葉を借りて「打たれた松本君を責めるのでなく、打った中島君を誉めるべき」とするべきか。
それでもどうにかこうにか無失点で投げきる。
果たして、松本の持ち球にシュートはあるのだろうか。
無ければ、投げた方がいいような気がする。このままだとサイドスローの意味も無くなりそうだ。

9回裏は増井が登板。
T-岡田が、オリックスブルーウェーブの汎用テーマの歌詞の
「ここでドカンと」の期待に応えるかのごとく、ライトスタンドへホームラン。
これで1点差。
安達の代打に山本和を起用。「安達に代打を出すの?」と思って見ていたが、
山本は、実に綺麗なライト前ヒットを放つ。これが、プロ初安打。

次の打者、伊藤は日高のテーマが鳴り響く中、送りバントを決める。
ブルーウェーブ復刻の日だから、前田大輔もやって欲しかったなあ。
(※土埃に塗(まみ)れ ホーム守りぬく男 マスク取り いざ勝負 痛打浴びせたれ)

最後は、増井が坂口と宮崎を抑えて試合終了。
鍵谷がプロ初勝利。

個人的に、グリーンスタジアム神戸は、後藤光尊のテーマが2番まで聞けるのがいい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glorydays.blog2.fc2.com/tb.php/429-cb73b8fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。