GLORY DAYS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国の人気ファイル交換サイトの閉鎖相次ぐ

[ロサンゼルス/サンフランシスコ 21日 ロイター]
違法ファイル交換サイトに対する法的取締りが強化される中、
人気ファイル交換サイト「WinMX.com」が運営を停止し、
もう1つの有名サイト「eDonkey.com」もニューヨーク事務所を閉鎖した。
業界筋とユーザーらが21日に明らかにした。
今回のファイル交換ネットワークの騒動は、米最高裁が今年6月に下した画期的な判決が背景にある。この判決は、「著作権を侵害する道具を配布する者は、その道具のユーザーによる著作権侵害行為にも責任があると見なす」というもの。

また、同判決に続き、米レコード産業協会(RIAA)は先週、
ファイル交換サイトを運営する7団体に対し、サイトの運営停止を求める文書を送付していた。
RIAAの広報担当者は送付先を明らかにしていないが、
「BearShare」「eDonkey」「WinMX.com」などの人気サイトが対象とみられる。

P2Pファイル交換ソフトのほとんどは分散的な性質を持っているため、
ソフトがいったんインターネット上に流出すると歯止めをかけることが困難。
しかし、ユーザーが最初にソフトをダウンロードできるサイトが閉鎖されることで、
新たなユーザーの流入は抑えられる可能性がある。
(ロイター) - 9月22日19時48分更新

日本では、ファイル交換ソフトの開発者が著作権法違反幇助の罪で逮捕・起訴されている。
(現在も京都地裁で公判中。未だに一審判決も出ていない。)

この件に関して過去にゼミの課題で扱ったことがあるが、当時我々が出した結論は
「著作権侵害はwinny利用者の問題であり、開発者を幇助罪に問う必要はない。」だったが、
その結論も再考の余地が出てきたようだ。

米最高裁が今年6月に下した判決、「著作権を侵害する道具を配布する者は、その道具のユーザーによる著作権侵害行為にも責任があると見なす」というもの。

つまりアメリカでは、全く逆の結論が出ているのだ。
さて、日本では開発者に対してどんな判決が出るのだろうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://glorydays.blog2.fc2.com/tb.php/93-3148d3bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。